Il sito di Attilio Folliero
martes, 06 abril 2010 23:12
Escritos en Espa˝ol
Espa˝ol
Articoli di Attilio Folliero sul Venezuela
Venezuela 
B˙squeda personalizada
Dal 15/10/2006
Google Analytics
Page Rank Check
 
オバマ氏はウェストを呼び出して応答

Fonte: http://japan.indymedia.org/newswire/display/7496/index.php

Attilio Folliero、カラカス24/05 /2010

西側諸国は、米国を支援する義務が!米国の公的債務怖い、その他の義務ドルの数十兆が追加されますほぼ13兆ドル。米国の公的債務の一部は、外国の州で、米債を購入して賄われている。

2010年3月末では、外国では、最新のデータは昨年5月 17日(公開されてによると、米国債を3884.60ドルを限度と保持1).

この金額は、2008年12月終わり 3071年後に3689、今年の第1四半期の終わり - と見られて - 3884ものの図が着実に増えている。

これらの債券の国の主要な所有者は、中国、最新のデータによると895.20ドル、全体の23.4%に相当しています。現実には、中国が7月下旬に 2009年の開催に来ていた939.90億円。中国はまた、ドルで最高の外貨準備(国である2)。ドルの崩壊のイベントでは、中国は全国のほとんどがミス、米国に加えて、その月は拡張プロピアの負債と軍事支出の増加に基づくポリシーを変更するには、米国を説得しようとするため(3).

中国は、オバマ氏は、前任者の政策を続けているの出現後は特に、ドルの可能性切り下げを防ぐために強制され、ドルの国際的な準備を(削減肯定的な反応を受けていない4)、金の所有権を(増やすには5)そして、特に開発プロジェクトで、世界のさまざまな部分では、アジア、アフリカ、ラテンアメリカから現地通貨で資金を造成しそのドルを投資して。明らかにドルの除去は完全に突然、得ることができないが、徐々にやっています。

対策中国で撮影中にドルの保有を減らすために、米国債の保有の減少です。実際、2009年7月株式939.90ドルに等しい数に達した後、徐々に、昨年2 月、877.50彼は証券まで、少なくとも、先月、この金額を減少している増加2.02%のタイトルを使用所持。 2010年3月いずれの場合では、中国2009年7月から米国の証券の4.76%の所有権だけでなく、ロシア(-15.00%)、インド(-23.44%)、マレーシア(-12.00としてで減少している%)などがあります。

バラクオバマ氏はこれらの状態、欧米諸国と呼ばれ、特に G7諸国による信用のこの突然の削減と、この不足のために米国債の政府証券の購入を増やすことで責任を取って対処する。 明らかに何か米国が同盟国聞いて、これらは十分に奴隷"大国"は、対応せざるを得ない感じ.

また、深刻な危機で、その国など イギリス そのこその危機が収益化お金が海外、特に米国債は、10億を自分たちの国の危機を緩和するため、米国に渡す必要そらすを余儀なくされた投資された。イギリスは、2008年12月2009年7月の間に94.90から123.90米国証券のdminuito所持していた 億最後の8ヶ月で、代わりにほぼ3倍になったその金額は、この期間は、海外投資する巨大な財政黒字をしたかのよう279は、10億て、到達!全体的に、6 カ国は、米国がG7の遵守米国証券856.80ドルから2008年12月3月1253.40 2010に行きました。

テーブル
国米国債を保持する
データ数十億ドルにする31/12/2008、31/07/2009、31/12/2009と31/03/2010


また、イタリア、追加的な金融演習の準備ですか? イタリアは2008年12月15.60000000000 ドル、米国の証券に投資した本日、20.50000000000を所有している!それは事実だが、最後の3カ月で0.60は10億有価証券の所持が、だけでなく、グループのすべての他の国を起動する準備を進めての減少している、 おそらく、単にお金を投資または図面ではなく米国に貸したことで回避できる厳しい財政。いい父親なので、貴重と広くイタリアの法律で式を使用して、沢山の時代にはさておき乾燥した期間、正確に時必要が到着貯蓄彼らがいた描画お金を置きます。イタリア政府が良い家族の人のように振る舞うことができないため、貯蓄米国で投資に描く?

明らかにこの問題ではない、本当の問題は、イタリアや他の西欧諸国は、文字通り米国の同盟国の奴隷であり、多くのケースで彼らの主権を放棄されます。

スペイン、深刻な危機のもう一つの西洋の国とお金の必要以上の2008年12月、米国への援助:4,20ドルを3倍にあり、米国の債券に等しいを取得した 13,50億!

米国にように東欧諸国、米国への従属の新しい国が増加している援助。ポーランドは、例えば、2008年12月、米国の証券3,30ドルによって、2010 年3月23,40を持っているに行きました。

米国が西側諸国の政府と呼ばれる義務に対応することです。

Attilio Folliero、カラカス24/05/2010



__________________________________

(1) 途中で 毎月、5月中旬に米国政府債、外国で開催された6月中旬3 月末にそれらのデータを提供する米財務省のデータを更新、それらを2カ月前のもたらす、 4月下旬です。 URLを: www.treas.gov/tic/mfh.txt

(2) 予備 中国国際合計は、最新のデータ(2010年3月30日)バンコデルポポロ、中央銀行によると2447080000000ドルに等しいURLをです: www.pbc.gov.cn/diaochatongji/tongjishuju/gofile.asp

(3) 今年 バラクオバマは、軍事支出は700以上の10億ドル、米国の歴史で最も高く、議会が政府を承認1.9兆ドルに達した財政赤字を承認されて予算を発表している14294000000ドルを合計する公的債務をもたらす。ソース:財務省部のURL: www.treasurydirect.gov/govt/govt.htm

(4) を参照して"信号制御 グローバルベンチマーク、URLとしてドルの差し迫った末: www.lapatriagrande.net / nuove_monete_segnali_fine_dollaro.htm と"まで中国基金米国?"URLを: selvasorg.blogspot.com/2009/05/fino-quando-la-cina-finanziera-gli-usa.html

(5) を参照して条 "中国の金準備は、"URLを75%増加: www.folliero.it/02_articoli_attilio_folliero/2009/2009_05_23_riserve_auree_cina.htm
 
 
feed
OK notizie
Folliero su Tecnocotizie
Add to Google Reader or Homepage
http://www.wikio.it
twitterSlidefacebookVideo in Daily Motion
folliero.it
Dal 26/01/2001
Nel sito gli scritti, gli articoli, le poesie, i racconti, di Attilio Folliero e Cecilia Laya, ma anche i principali eventi della propria vita. Spazio anche alle famiglie ed alle cittÓ di origine, Lucera, in Italia e Caracas, in Venezuela.
Articoli di Attilio Folliero sul Venezuela
Dal 2001 il Venezuela negli articoli di Attilio Folliero e Cecilia Laya
Galeria fotografica
Matrimonio Attilio Folliero e Cecilia Laya Lucera, 10/09/2004

selvas blog

Siti amici
Se hai un sito/Blog e vuoi intercambiare il link, contattaci


Sitios Amigos
Si tienes
un Sitio o Blog y quieres intercambiar el enlace, contßctanos
Questo sito non rappresenta una testata giornalistica e viene aggiornato senza alcuna periodicitÓ, esclusivamente sulla base della disponibilitÓ di materiale prodotto da Attilio Folliero e Cecilia Laya. Pertanto, non pu˛ considerarsi prodotto editoriale sottoposto alla disciplina di cui all'art. 1, comma III della legge n. 62 del 07.03.2001 e leggi successive.
Articoli, poesie e racconti contenuti in questo sito sono Copyleft
E' permessa liberamente la loro riproduzione, citando autori e link. Comunicateci se riprendente un nostro scritto ed inseriremo il link al vostro sito/blog nella nostra pagina dei siti amici.
Eventuali loghi e marchi proposti in questo sito sono di proprietÓ dei rispettivi proprietari. Generalemente le immagini proposte sono di nostra proprietÓ o tratte dalla rete. Se stiamo utilizzando
immagini di proprietÓ, ovviamente inconsapevolemente,  comunicatecelo e provvederemo ad eliminarle immediatamente.